プログラミングをもっと楽しく!
Kidspod;はこどものプログラマーを
応援するための投稿サイトです。
はじめての人はこちらから
新規メンバー登録
メンバーの人はこちらから

「LattePlayer」でIchigoLatteのプログラムを動かそう!

LattePlayerとは「ちょっぴり大人なこどもOS・IchigoLatte」のプログラムをブラウザ上で動かすための仕組みです。

LattePlayerの使い方

LattePlayerを使うには、IchigoLatteのコードを専用のページから投稿する方法と、
MixJuiceから投稿する方法があります。

1.専用ページから投稿する

1-1パソコンのブラウザから「プログラムの投稿」を行う
専用ページからコードを投稿してLattePlayerを使えるようにする場合、
はじめにパソコンのブラウザから「プログラムの投稿」を行ってください。
「ソースコードを投稿」の部分は空のままにします。
ソースコード以外の項目は、自由に入力してください。後から編集できるので空のままでも大丈夫です。

入力が終わったら「投稿内容の確認」ボタンを押して投稿します。

1-2専用ページに移動する
次に、IchigoLatteのコードを投稿するための専用ページに移動します。
投稿したばかりのプログラムの画面に移動して、そこから「プログラムの編集画面」に移動してください。



プログラムの編集ページに、2つのURLが書かれています。
このうち、下のURLが専用ページのURLです。これを選択して、コピーしてください。

1-3専用ページからソースコードを投稿する
先ほどのURLをブラウザのアドレスバーに貼り付けて、専用ページへ移動してください。
専用ページには、ソースコードの入力欄があります。
ソースコードを入力したら「この内容で投稿する」のボタンを押してください。
投稿が成功すると、プログラムへのリンクが表示されます。



リンクから、Kidspod;のプログラムのページを見てみましょう。
画面の上部にLattePlayerへのリンクが表示されます。
これで、投稿したソースコードをLattePlayerで遊べるようになりました。

リンクをクリックすると新しいタブが開いて、IchigoLatteのプログラムで遊べます。

2.MixJuiceから投稿する

MixJuiceから投稿する方法については、以下のページをご覧ください。
MixJuiceからIchigoLatteのソースコードを投稿すると、
投稿されたプログラムのページに、LattePlayerのリンクが現れます。

MixJuiceでKidspod;と通信しよう!

スマートフォンでの遊び方

LattePlayerでの画面のタッチ(およびマウスでのクリック)は、IchigoLatte本体のボタンに対応しています。
画面をタッチすることで、btn関数の返り値を変化させたり、setBprs関数で登録した関数を実行したりできます。
スマートフォンでも遊べるようなプログラムを作る際は、btn関数やsetBprs関数をご活用ください。

LattePlayerの注意点

現在のLattePlayerは、IchigoLatteのver1.0.1に対応しています。

IchigoLatteに用意されている関数の中には、LattePlayerで動かないものもあります。
例えば、IchigoLatteでシリアル通信を行うためのuart関数は、LattePlayerでは動きません。
(uart関数を実行しても何も起きません)

以下はLattePlayerでは使えない関数です。
これらの関数を使っているプログラムは、LattePlayerだと正しく動かないので、注意してください。
  • led
  • gpin
  • out
  • ana
  • pwm
  • pwmt
  • uart
  • i2cw
  • i2cr
  • lrun
  • bps
  • mem
  • input

LattePlayerで遊べるプログラムはこちら!